読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレアデスイベント内容起こし

目次

前置き

 2016年10月4日(火)19時開始の、放課後のプレアデスBD-BOX発売決定(12月7日予定)記念イベントのレポートである。
 私の座っていた場所が、登壇者を直接見られない場所であったため(せいぜいが隙間からワーナーの塚本さんの背中を見る程度であった)、壇上での身振りや、誰の発言かについて情報が足りていない箇所がある。
 メモからの内容起こしであるため、不正確だったり事実誤認していたりする箇所もあるかもしれないし、細かい文言のずれもあるかもしれない。極力忠実に起こしているつもりであるが、禁止されている録音などをして内容を起こしているわけではないので、ご容赦いただきたい。訂正には応じるつもりである。
 また、この手のトークイベントにはありがちな、公開前の情報を含む可能性があるので、問題箇所と思しきところ、公開されていない具体的な数字といったところは削り、念のため、問題のある内容を含んでいないことを、同じくその場にいたtwitterフォロワーのあとりこまるみ氏 @atori_comarumi にも確認を取った。それでも問題があるようならば、連絡をいただければ削除対応をする予定である。あとりこまるみ氏にはこの場でもお礼を言いたい。査読ありがとうございます。
 なお、かっこ書きで(注)とあるのは筆者による注である。

大まかなタイムスケジュール

 19:15開会の乾杯からYouTube版の誕生秘話を振り返るのが1時間強
 中休みが15分程度
 20:35テレビ版を振り返るのが1時間強
 国立天文台関連が20-30分程度
 5分ほどの休み
 プレゼント抽選会が5分程度、
 締めの挨拶が10分程度。
 22:45終了

あとで私が読み返すための日記部分

 ロフトプラスワンでのトークイベントが発表された日、「平日の19時に新宿は厳しいな」と直観した。
 ちょうど仕事の山場の時期であり、座席の順序は先着順。さらには参加を躊躇する気持ちを後押しするように9月22日の12時からのチケット争奪戦にも負けてしまったのでこれは仕方ない、と諦めていたのである。
 しかしながら、ある日隙間時間にふとツイッターを開いてみると、この手のチケットにはつきものの、チケット発券し忘れやキャンセル等で再度買えるようになっているという情報が飛び込んできたので、慌てて申し込むと、137番というチケットを入手することができてしまった。
 チケットは150番までということだったのでキャンセルは10-20%程度出たということだろう。

 当日、仕事を早めに切り上げ、間に合うか間に合わぬかとやきもきしながら電車に乗り込み、18:55というイベント開始5分程度前になんとか着席することができた。

イベント開始前、会場の様子

 18時過ぎ。イベントに向かう最中に、登壇者をもう一度確認すると、アニメ版の土星映像を監修していた国立天文台の小久保教授まで参加することになったという。控えめに言ってよくわからないイベントである。
 待機列がある、というtwitter情報は読んでいたが、18:50くらいに私が会場前に着くころには、既に列はなく、ほぼ入場は完了。正面席、舞台の下手側の席は埋まっており、空いている舞台横(階段やモニタがあり、まったく会場は見えない)に座った。
 会場には、直接壇上を見られない位置にいる人のために、モニタが用意されていて、壇上がリアルタイムで表示されている。必要に応じてパワーポイントやらビデオやらが流れる。
 また、会場のあちこちに、放課後のプレアデスの企画開始からロフトプラスワンのイベントまでの年表が貼られていた(と言っても4,5か所程度である)。

 18:55。入場料2,000円の他に一品以上のオーダー制で、コラボメニューは、すでにホットケーキと水饅頭が売り切れだという。
 コラボメニューは全部で5種類。
<ドリンク>
『あおいのちょっぴり?大人ないちごミルク』(アルコール)¥650
『あおいのいつものいちごミルク』(ノンアルコール)¥550
<フード>
『プレアデス星人ホットケーキ仕上げ』(ホットケーキ 焼印入り)¥550
『プレアデス星人』(水まんじゅう)¥450
『プレアデス星人的な粉もの』(たこ焼き)¥400
『アイスクリーム~エンジンのカケラ添え~』(アイスクリーム+こんぺいとう)¥400

 19:02、機材のトラブルなのかどうやら開演が押している模様。
 正式な開始ではないものの、ワーナー塚本さん(つかやん)、ワーナーの岡田さん、稲田さんが登壇して場つなぎと自己紹介。
 塚本さんが、どなたかが書いたというひとこと紹介を読み上げる。
 テレビ版のプロデューサであるワーナーの岡田さん。
 YouTube版のプロデューサ稲田さん。
 と紹介をしていく。

 コラボメニューの話題。ぜひ注文してください、という話。「昨日コラボメニューの名前を決めた。5分で」という裏話で笑いが起きる。
 稲田さんが持ってきたPC(Let'sNote)の天板一面にいつきのステッカーが貼られている。
「この絵、どのシーンかわかる人いますか?」という問いかけに会場から回答。
 PCの天板には二代目ラッピングカーのいつきがドアップで写っているが、実はラッピングカーのステッカー貼りで失敗したのをPCに貼り直ししたもの。
 塚本さんは、会場を見回して、福島その他の場所で見た顔がいると言っていた。

 ここで他の登壇者を呼び、放課後のプレアデスのプロジェクトの振り返りを始めることに。
 追加の登壇者は、元富士重工業の鈴木さん。
 YouTube版企画協力、梶原さん。はじめて人前に出たという趣旨のことをおっしゃっていた。
 YouTube版企画協力、矢崎さん。YouTube版当時、社会人4年目で一番の下っ端だった。

 ここで登壇者の6人の飲み物を注文。
 大人のいちごミルク3、子供のいちごミルク1と注文後、塚本さんがこどものいちごミルク2で、と言い直す。
(数が合わないがすでに誰か飲み物を手元に持っていたということだろうか?)

 塚本さんがこのイベントのチケットについて言及。
 壮絶なチケット争いだったという話。
 ロフトプラスワンの150席が、最終的にちょっとあまるくらいとか思っていた。
 ところが、実際のところ数分で完売。Twitterでは、30秒でチケット売り切れの「×」が見えたという報告もあった。

(注:↑これのことだろう)

(注:このあたりから、塚本さん、岡田さん、稲田さんが入れ替わり司会をしていたので誰がしゃべっていたか判然としていない)
 会場に問いかけ。
 YouTube版から見ている人~?といって全体の10%強の人が手を挙げる。YouTube版は1週間で100万再生したという話。テレビ版からの人が多い。

 どなたかが書いたという登壇者のひとこと紹介。
 鈴木さん。「放課後のプレアデスをテコいれした人」
 稲田さん。「座組をした人」。稲田さんは、梶原さん、矢崎さんを呼び出した影の立役者という説明。
 矢崎さん。「『放課後のプレアデス』というタイトルを考えた人」。おぉ~、という会場のどよめきと拍手。

 登壇者のドリンクが届く。
 届いたドリンクの説明は、「エンジンの欠片のようなもの」が入っているドリンク。
 ゆかりという新潟のお菓子を入れたいちごミルクである。飲んだが、滅茶苦茶甘かった。滅茶苦茶甘かった。

YouTube版誕生秘話

 19:15に開会の乾杯をした。
 プロジェクト誕生秘話が語られる。
 YouTube版制作の流れを確認するところから始まる。

 最も最初期はどういうテーマで始まったものなのか。
 元富士重工業の鈴木さん、当時ウェブページ担当。
 毎年なにかしらの企画を立てていた中で、ちょうど運転支援システムEyeSightのプロモーションをやろうとしたのになぜかアニメになっていた。会場笑い
 企画が始まった2010年2月、と時期に言及したとき、会場のモニタや壇上のプロジェクタに年表が表示される。
 年表がエクセルで作られていることが分かり、会場から笑い。
 機材トラブルで一瞬画面が黒くなる。ぶっつけ本番感がある。画面黒いし!と言ったことで会場から笑い。

 いくつか案を出した中で、「スーパードジっ娘アイサイト日記」という架空のキャラクターのブログを作る企画案。キャラクター案がドジっ娘過ぎて、これを会議に出したらやばいでしょと言いながらも、いざ出してみたら会議で爆笑になった。
 結果、この案を掘り下げていこう、ということになった。

(注:会場のモニタやプロジェクタに表示されている資料について、たぶんなんらかの社内資料を参考にしているようで、関係各所に迷惑が掛からないよう、内容と日付など簡略化して書く)
 ドジっ娘の名前は「さいとうあい」と決定。
 往年のテキストサイトのようなブログ形式がいいのでは?ということで簡単なものを作ってみたが、
 これは(注:悪い意味で)やばい、となって、じゃあアニメにするか、とアニメ企画になっていった。
 このあたりでガイナックスと交渉始めた。

 元富士重工業の鈴木さん、「ガイナックスは、単なるドジっ娘萌キャラではなく、人間味のあるキャラクターが何かに向かって頑張ってる様子が描ける」と考えていた。
 ガイナックスに頼むというのは冒険だった。
 社内向けの資料を書きながら「(この企画でアニメを作るなら)ガイナックスしかハマらなそうだけど、それは修羅の道だ」と考えていた。

 このころ、監督がこのアニメ企画に登場、という話をしたところで、実際に監督が登壇することに。
 会場は拍手。監督が控室からなかなか出てこないので、拍手から催促の手拍子に変更。
 監督へのオファーがあったのか、それとも自分から手を挙げたのか、という質問に、ちょうど暇だったところで、じゃあやるかって感じだったと監督の回答。会場笑い

 プロモーションのためのアニメと言っていたが、やるなら本気でやりたいということでガイナックス側から鈴木さんを口説いてクオリティアップする方向に。
 クオリティアップするということは時期がずれ込んでしまうということでたいへんな思いをした、という話。

 鈴木さんと監督、初顔合わせ、どんな感じでした?
 鈴木さんはこのときアニメの会社に初めて入って「これは(注:おそらく悪い意味で)やばい」と思ったという。

 当時のガイナックスは東小金井でジブリの隣にあった。
 富士重工業とやる、となったとき、富士重工業の歴史にどこまで触れるのか、という議論はした。
 2週間程度でアニメのプロットを仕上げるとか無茶な話も出た。

 ロケハンのための合宿を行った。モデルになっている伊参スタジオでの写真。
 PCでロケハン時の写真をモニタに映し始めると、いくつか変わった写真が出てきたため、「これ、やばい写真ないですよね?」と登壇者たち同士で確認を始めていた。
 ここでさらに登壇者を追加。汐留で働いている山口さん。
 山口さんは、一度(注:富士重工業内で)ドジっ娘企画を下げようかとなったとき(注:ブログを作ったときか?)に後押しをし、ドライブシャフトの原案?原型?を出した人らしい(注:本人のtwitterいわくエンジンを書いたらしい)
 

 ガイナックスプロデューサ高橋さんが撮った写真のフォルダ名が「高橋秘蔵写真」と書かれており、ヤバい写真がないか登壇者間で再度話題になる。
 YouTube版でも出てきたひまわり畑の写真や、YouTube、アニメ版どちらにもでてきた東屋の写真が写る。
 このイベントの当日朝に、合宿の際の写真集をくれとガイナからの電話があり、(注:たぶん塚本さんが)過去の写真を引っ張り出して用意をした。

 キャラクター原案の菊地さんと監督が、東屋に入っている写真が映る。「このシーンがあの名シーンに!」と言って会場笑い。
 合宿やってよかったという感想が出た。
 合宿の後、単発のプロモーション企画ではなく、富士重工業を中心に物語の幅を広げよう、ということになった。ユーザとの絆を大事にするものを作る、ということに。
 稲田さんいわく「英断だけど、普通あり得ないこと」

 菊池さんの、キャラクター原案に関するメモがモニタに移しだされる。
 まだキャラクターの名前が決定稿と違う頃。
 「すばる」と「あおい」と「みなと」の名前はそのまま。
 「いつき」は「かなえ」、「ひかる」は「みつば」、「ななこ」は「ゆうこ」だった。

(注:角度的に誰が発言しているか不明であったが稲田さんか山口さんの発言)公式サイトにもある、SUBARUxGAINAXプロジェクト宣言文をだしたところで自分の仕事は終わりと思った。

 シナリオを書き始めたあたりでタイトルも決めることになった。
 普段物書きしない人のぽっと出たアイディアが欲しかった監督が、タイトルを関係者に公募した、という。
 関係者は一人X個出すこと、みたいなものだったらしい。

 プロジェクトの地獄その1を前述の合宿とするなら、このタイトル大喜利は地獄その2だった。
 東小金井に当時住んでたYouTube版企画協力の矢崎さん、会社で仕事をしていると、帰りにガイナックスに寄ってくれないかという電話がきて、よく寄っていた(注:冗談めいたトーンで「暗躍していた」といった言葉も使っていた、はず)

(注:おふざけなものも多いので、問題のなさそうなものだけピックアップする)
1.スバル系
 極超新星 すばる熱!
 すばるのほし(谷村新司っぽいという突っ込みで会場笑い)
 すばるんっ!
 すばばばばばばっ!
 君は星をみたか
 私が生まれた星

2.どっかで見た系
 宇宙の使い魔
 スバルンブレイク(プリズンブレイクに影響を受けている?)
 タコボクサー(← 一応ボクサーエンジン(スバルが採用している水平対向エンジン)にかけているらしい、というコメントで会場から「あ~」という声)

3.プレアデス系
 プレアデスの心臓
 六星少女プレイアド
 あふたーすくーる☆まじっく
 pleiades after school

といった形で徐々に「放課後のプレアデス」に絞られていった。
 矢崎さん、当時は制作の現場にいて、これが一本目の名づけの仕事になった。

 タイトルロゴデザイン担当の小林さんが登壇。
 車に貼って恥ずかしくないロゴを、と思っていた。
 ステッカーは商品化しないかなと考えていた(注:欲しい)。

 イメージボードなどができたころ、餃子の会と呼ばれる会議があった。
 これは2011年2月1日0時に行われた、渋谷のスクランブル交差点での映像ジャックに関する会議。
 そのころ、声優オーディションもあった。

 2010年11月1日。ティザーサイトが公開される。ヤフーニュースに載ってしまった。
 このころ、特報公開、絵コンテ完成、声優決定。

 オリジナルアニメをYouTubeで出すのは当時初めて、か、ごくごく少なかった時期だったとのこと。
 このころ、ダイヤモンドオンラインの取材を受ける。

(注:当時の記事)
若者のクルマ離れ阻止なるか?エヴァガイナックスと組んだスバル“こだわり”の美少女アニメエコカー大戦争!|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/10260
エヴァガイナックスはなぜスバルと組んだ?美少女アニメ放課後のプレアデス」誕生秘話(下)|エコカー大戦争!|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/10334

 アフレコが始まる時期。
 ガイナックスコスプレ忘年会があった。
 2011年1月予告編1,2が公開される。
 1月31日記者発表、上映会イベントが決定。
 そしてそのまま2月1日0時の渋谷映像ジャックに至る。
 ここで、渋谷映像ジャックの映像が会場のモニタで流れる。
 アニメ屋からすると、渋谷でアニメ映像ジャックというのは珍しい、とのこと。
 当時「渋谷に行くのは(リア充の街なので)ハードルたけぇ」というツイートが当時あったらしい。会場笑い。

 2月1日0時に渋谷での映像ジャック後、同日1時にYouTube版公開。
 クルマ買った人がX人(注:具体的な数は伏せる)くらい買った人がいてすごい、という話になった。
 ひとまず、YouTube版を打ち上げて、さあ次、というタイミングで東日本大震災だった。

 2013年半ば、テレビ版の計画が始動。ワーナーから手が上がる。
 2014年2月YouTube版3周年ということででテレビアニメ化発表……というところでYouTube版の話は終わり、ここで会場はトイレ休憩に入る。
 2036、15分ほどで休み終了。
 念のため、ということで会場に貼られている年表などはtwitterなどにアップロードしないように、というアナウンスなどが流れる。
 

テレビ版誕生秘話

 休憩から再開。テレビ版の話題に移り、再び塚本さん、岡田さん、稲田さんの三人?
 テレビ版の話題では登壇者として監督と高森奈津美さんを呼ぶがなかなか降りてこない(注:先ほどYouTube版の時も監督も降りてくるのは遅かったので控室は音が通りにくいと思われる)
 高森さんは、上(注:控室のこと)でご飯食べてました~といっていた。
 高森さんは、大人のいちごミルクを注文していた。

 更に登壇者を呼ぶ。音響監督の飯田さん。音響制作担当の鑰山さん。
 飯田さんは、駆け出しの頃に関われた。監督からオファーがあった。

 高森さんが登壇したのでちょっと時間をさかのぼって
 2010年11月のキャラクター公開(みなと以外)の時の話。
 飯田さんが高森さんを選んだのはなぜ?という質問に対して、
 飯田さん「フレッシュな人を選んだ」。五人はかぶらないように(注:声質のことと思われる)という配慮があった。

 キャラクターの声を聞いてはじめて、スタッフ間の互いのすばる像の意識ずれが分かって(注:「もっとすばるは可愛い声だ」とか「いやもっと芯の強さを感じさせる声だ」といった議論をする意味と思われる)、それがあって互いの声のバランスを考えた。
 とりわけななこのバランスが難しい(注:会長の声も出すので)。

 塚本さん「(高森さんは)初めてすばるを演じるときどんな気持ちだったか」。
 高森さん「YouTubeアニメというのも(めずらしい形態なので)よくわからないという印象だったし、SUBARU x GAINAXというコンセプトもよくわからないという印象を受けた」
 塚本さん「役が決まったときどんな気持ちでしたか」
 高森さん「えっ?すばるなんだ?」という驚きがあった。

 放課後のプレアデス製作開始「打ち入りのプレアデス」
 自分でケーキ焼いてる人、燻製を焼いてる人などさまざまいた。
「ゆで卵の燻製美味かったな~」
(注:↓いつき役の立野さんが公式ブログで言及していたのでここに貼る)
打ち入りのプレアデス|立野香菜子 オフィシャルブログ「もぎたてのKanako」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/kanako-tateno/entry-12053713926.html

 壁にイラストやクッキーが貼られていて、高森さんは「寝そべったみなとくんの絵に貼られたクッキーは、取っても取っても気づくと貼られていた」
 2014年12月テレビ版記者発表。富士重工業恵比寿新社屋にて
 SUBARU BRZ GT GALS「BREEZE」に、すばるたちの学校の制服を着せるというプロモーションも行った。

 ここでラッピングカーの話題になり、ラッピングカーのオーナー登壇。
 2014年2月から3月の間でラッピングカーが突貫工事。作業場は三鷹のスバルで。

(注:あれこれイベントについての話題があったが声優さん、事務所さんに絡む話もあったのでここでは割愛)

「今日はプレアデス続編見たいぞ集会だと思っている」
「BD-BOXが売れたら発売日にイベントをやりたい。みんな12月7日は予定を空けておくこと」

 プレアデスRADIOの話題。
 構成作家八木橋さん。(注:業界ではぶっとんだ作風で有名らしい。誰がパーソナリティになるかによっては作風に合わないとか)
 八木橋さん「キャストは誰ですか? 高森さんですか? あ、なら大丈夫です」
というやり取りがスタッフ間であったという話で会場笑い。

 2015年4月5日アトレ秋葉原ですばるが一日店長をする企画。
 アトレの担当者の方が、放送する範囲を間違えてしまうハプニング。
 秋葉原の駅のホームから「アトレ一日店長のすばるです!」という声が聞こえてきてしまってたいへんだったというエピソード。
 その場にいたスタッフは「確かにずいぶん遠くからも声が聞こえるな、とは思っていた」とのこと。
 4月25日アトレ秋葉原一日店長にひかる役の牧野さんが参加したという言及。

 音響制作担当の鑰山さんに話題が移る。
 完成台本が上がってきたときの話。この段階で最後の修正が行われる。
 普通、修正箇所に赤点を打つだけ。
 ただ、この仕事のときは大量の修正があったため、震えたことだけ覚えている、と鑰山さん。

 ニコ生出演時の話に移り、当時の写真をPCで表示すると、なぜか高森さんが肉を盛られた皿を手に写真に写っている。
 なんでこんな肉を持ってたんだっけ?と登壇者何人かで話しあうがみんな思い出せない。
 プレアデスRADIOでも肉を食べる話があり、どうも話題として肉が多いという話をしている最中、唐突に高森さんが、
「あれ?そういえばちゃんとした打ち上げは?やってなくない?」
 塚本さん「あははは」
 高森さん「あははじゃないよ!!!」会場笑い
 塚本さん「打ち上げ、BD-BOX売れたらやります!」

 ここで登壇者として呼ぼうとしたが、別件で来られなかった方の紹介。
 まず、鹿乃さんからの音声コメントを再生。
(注:ここはメモ取れず。大意としてはBDBOX発売決定おめでとうございますといった内容で、
結構作中のセリフやStella-riumの歌詞を引用していた記憶がある。あと、高森さん大好きですと言及)
 富士重工業の安室さんも登壇予定だったがご多忙につき参加不可能。放送時アイサイトCMを流したことや、社屋を使う許可とかで尽力いただいた。

 塚本さん「ここから、かなたからが会場BGMとして流れると泣きそうになります」
 ここで登壇者を追加。脚本担当。
 浦畑さん。4,5,6,8,11,12話で正式にクレジットされている。
 森さん。4,7,9,10,11,12話で正式にクレジットされている。
 脚本会議は時間を掛けた。昼から始めて、やばいときはエンドレスといったときもあった。
 監督がテレビ版の構成を切り始めたのは2013年年末。
 浦畑さんは参加が決まったときに、ガイナックスの武田さんに「浦畑さんは、監督がやりたいことを落としてくのが仕事だから」と言われた。

 YouTube版が終わってから、佐伯さんが1,2,3話に相当する話を作って、裏でもちょこちょこ作っていた。
 4話、音を月に送るというアイディアは、監督が新聞か何かに出ていたエピソードをもとにしている。
 絵描きの人が、子供が勝手に仕事の絵に描き込みをした、というエピソードを入れ込みたいと言われたことと、グリーゼか何かの星にtwitterの投稿を送る、というプロジェクトが実際にあったらしくそれらがもとになっている。

 具体よりも体感が書かれているのが佐伯さんの構成(注:ここでいう構成とは、脚本のもとになる大まかなプロットを指す。30分の各話の流れが10-20行程度で記載されていた)。浦畑さん「これ、シナリオライターだったら怒られますよ」
 森さん「私がメインで船を漕ぎ、監督が詩人。浦畑さんが学者といった雰囲気だった」
 浦畑さん「監督は北極星に向かうんだ!と言うけど向いてる方向が南みたいな人。一度納得させると素晴らしいけど納得させるまで時間がかかります」(注:時間がかかり、くらいまで言ったところで他の人の声がかぶさった)

 9話、キスシーン。ヒロインがキスするのはどうなのか。最終話のキスを印象的にするには、やめたほうがよいのでは?という議論しているところで、
 監督「森さんならどうですか?このシチュエーションでキスしますか???」と問いかけられる。会場笑い
 森さん「そうですねえ、宇宙ですからねぇ。そういう関係じゃないと宇宙までいかないのでは」とアドバイスした。
 とはいえその場は、絵コンテを見て判断しましょうか、となった。
 コンテ見てみたら、これならまあいいかとなった。
 監督「とはいえあからさまにキスするのはやめた」

 ここで浦畑さん、森さん退場。
 ワーナー塚本さん?岡田さん?「鑰山さん、喋ってないからこれだと登壇した意味ないのでなんかしゃべってください」
 登壇者一同「(振りが)雑!!!」会場笑い

 鑰山さん「効果音の話をしたい。できたアニメにはドライブシャフトくらいしかスバル要素がない。
そのドライブシャフトの音では、効果音担当の山田さんが尽力した。ガレージ飛鳥でエンジン音を録音した。初代の痛車のどこかに名前書いてあったはず」

 LINEスタンプの話題。
 みんな買ってね、という話題のほかに、声優陣によるプレアデスグループLINEの話題。
「すばる!すばるです!スタンプって高森しか使えないじゃん!」みたいなことをやり取りしているらしい。

 高森さん退場前に一言「YouTube版から4年のキャリアを積んでテレビ版ができたのはよかったです」
 鑰山さん退場、高森さん退場。

国立天文台土星の話題

 確かこの頃21:50
 国立天文台の小久保さん。5話の土星に関しての監修。
 ヴェイサエンターテインメントの武田さん。武田さんは、4D2Uなどで可視化担当するなど。

 2006年、カッシーニがプロペラ構造を発見し、それを入れ込みたかった。
 土星の環の氷は、数センチから数メートルのもの。重力の関係でプロペラ構造は輪の進行方向の前後にできる。
 最新の土星の輪の構造に最も忠実なアニメになってる。

 2017年にカッシーニの運用が終わる。最後は、土星の大気に突入して終える予定である。

 ここで5話で実際に使われた土星の映像を流す。
 再生した映像は関係者のみに配られるもので「放課後のプレアデス5話」とタイトルがでており5,4,3とカウントダウンが表示されている。
「皆さん大好きな白箱ですよ!」と登壇者の誰かが言い、会場笑い
 宇宙空間は音がないのでどんな音をつけるべきかを議論した(注:白箱もちょうど音がないですね、という冗談も間に挟んでいた)。最終的にはファンタジー側に振って音を出すことに。

 小久保さん「人が、土星の輪のそばにいたらどう見えるかを見たかった。それを叶えてもらえて嬉しい。天体は大きすぎるが、土星の輪は厚みがせいぜい数メートルだから人間と比較できる大きさ」
 監督「同じく。人がそこにいたらどう見えるかは見たかった。自分たちにできることは物語のなかでそれを実現すること」
 武田さん「プレアデスのためにも土星を作る必要があったし、土星の可視化のためにもプレアデスの案件を進める必要があった」

 小久保さん、武田さん退場。

 このとき22:25。超絶押しているとのこと。プレゼント抽選がこのあとあるので5分だけ休憩というアナウンス。
 22:29に「ちょっと早いですけど」と前置きがありながら再開。
 抽選プレゼントは10人分用意。クリアファイルセット5人、カット袋に入った原画(注:複製原画だろうか?)6枚セットを5人

 今日の登壇者のうち、残っている人たち(注:9人くらい?)がひとことずつ挨拶。
 22:45終了。終了予定はもともと22時だったとのことなので、だいぶ時間的に押してしまった。

あとで私が読み返すための日記部分その2

 外に出て何人か知り合いと話すも、二次会に行けるような時間でもなく。
 仕方なく家に帰ろうとしたが、新宿にはサントリーラウンジ昴という場所があったことを思い出し、
 ウイスキーを一杯飲んで帰ることにした。昴だからね。